お菓子を早くから学ぶ|nlp協会について勉強する|これからの自分に役立つ

nlp協会について勉強する|これからの自分に役立つ

お菓子を早くから学ぶ

パティシエ

通信制や単位制の選択も

中学生の段階で既に、将来はパティシエなどのお菓子作りに関わる仕事をしたいと決めている方にとって、製菓コースのある高校は大変魅力的と言えるでしょう。調理師を目指す高校はたくさん見られますが、製菓コースを持つ高校は、まだまだそれほど多くはありませんから、人気を集める学校もあるようです。しっかりと倍率や受験対策を行わなければならないケースもありますから、早めに調査を行うことが大切です。ただ、最近では製菓コースを持つ通信制高校や単位制高校も登場しており、有力な選択肢となっています。仮に、第一志望の学校の倍率が高くて手が届かないという場合でも、通信制などを視野に入れることもできますから、あきらめる必要は全くありません。

どんな学校を選択すべきか

製菓業界で働くうえで武器となる資格として、製菓衛生師や製菓製造技能士検定、そして、食品衛生管理者という資格が挙げられます。これらの資格は、製菓を専門に学ぶうえでは、是非とも取得しておきたい資格となりますから、取得できる環境を持った学校を選ぶことがポイントとなるでしょう。この中でも、製菓衛生師や製菓製造技能士検定については、厚生労働大臣が指定する高校で学ばなければ、卒業時に受験資格を得ることができず、注意が必要です。したがって、厚生労働大臣が指定する高校に通うか、食品衛生管理者を取得することができる環境を持った高校を選択することが望ましくなります。また、製菓業界への多くの就職実績を持つ高校も見られますから、このような学校を軸に選択すると良いでしょう。