パティシエールになるには|nlp協会について勉強する|これからの自分に役立つ

nlp協会について勉強する|これからの自分に役立つ

パティシエールになるには

お菓子

お菓子づくりの達人になる

今、女性の仕事として職人が注目されています。現在は、女性も男性同様長く働き続ける時代となりました。そんな時代だからこそ、たとえ結婚や出産でブランクがあっても技術がある職人は安定して職を得やすいと人気が高いのです。中でも女性に人気なのがお菓子づくりの達人、パティシエールです。繊細で美しいスイーツを生み出すパティシエールは、創造性と技術、研究心が必要と言われています。もちろんこれらも必要ですが、一人前のパティシエールになるには、なによりも体力と忍耐力が必要なのです。これは、重い材料を扱ったり卵をかくはんするなどの力仕事が多く、しかも職人の特徴の基本としてコツコツと雑用から修行しなければならないからです。それでも、このようなことの積み重ねで確固とした技術が身につき、やがて一人前のパティシエールとしてひとり立ちすることができるのです。

パティシエールへの道

パティシエールには、絶対必要とされる公的資格は特にないとされます。ただし、製菓に関する知識や技術がなければこの職につくことは困難です。そこでパティシエールになる道としては、製菓店などの専門店で一から技術をつけていくかもしくは製菓専門学校で基本的な知識や技術を学ぶかの2つに分かれます。現在働くパティシエールの多くは、製菓専門学校で学ぶ道を選んでいます。これは、一つの店で覚えるスキルより学校で学ぶ技術や知識の方がより汎用性があるからです。また、専門学校は卒業時に就職を斡旋してくれるというメリットもあるのです。パティシエールは必須の公的資格がないことから、中卒から専門学校に入学することが可能です。ただし、高校への進学率が9割を超えている日本とあって、職人の道を志すとしても高校の卒業資格を得たいと考える人が多いのが現状です。そこで多くの専門学校では、通信制高校などと連携して、専門学校でお菓子作りを学びながら高校卒業資格を得るコースが用意されています。これらのコースでは、専門学校を卒業した後製菓店などでパティシエールとして働きながら高校を卒業するために必要な単位を修得できます。